ペット保険は必要?

ペット保険の必要性について

ペット保険とは、大切な家族であるペットが病気やケガで治療を受けた場合に、かかった医療費の一部を補填してくれる制度です。
 犬、猫、うさぎ、鳥などのペットの医療費には、人間のような公的な健康保険制度がありません。動物病院にペットを連れて行くと「思っていたよりも医療費が高額で驚いた」「病気になる前にペット保険に入っておけばよかった」と思われる方が少なくありません。入院や手術をすればもちろんですが、ちょっとした通院治療であっても、かなり高額な医療費がかかるケースも多々あります。
ペットの医療費は自由診療で全額自己負担となるため、健康保険により3割負担ですんでいる人間の医療費よりも、むしろ高額だと感じることもあるようです。ちょっとした通院で数万円、入院や手術となれば数十万円かかることも珍しくありません。

病気になってから ×
すでに病気が発症してた ×
若くて元気なうちに 〇

また、ペットも人間と同様に、高齢になるにつれて病気やケガのリスクは高まります。そのため「高齢になってからペット保険に入ればいい」と考える飼い主さんもいらっしゃいますが、病気やケガはある日突然やってきます。当クラブにご加入のペットの事例を見ても、0歳や1歳のペットが動物病院で治療を受けるケースはたくさんございます。
 病気になってからでは、保険に入ることが出来なかったり、入れたとしてもすでに発症している病気は保障されないことがほとんどです。ですから、ペットが少しでも若くて元気なうちに加入しておくことが必要なのです。
 ペット保険に加入しておくことで、ちょっとした不調であっても病院に連れて行きやすくなったり、治療の幅が広がったり、高度な治療をしてあげることができるようになります。また、大きな病気を未然に防いだり、早期に発見したりすることも出来るようになるはずです。
いざという時に、家族であるペットに惜しみない充分な治療をしてあげるために、ペット保険へのご加入を検討なさってください。